SVO/WVO

SVO/WVOとは。

 

ふつうクルマには内燃機関いわゆるエンジンがあって、そこでガソリンや軽油といった石油系の燃料を燃やし、まあ燃やすというより爆発させる感じだけれど、それによってピストンを激しく上下させて、そこからさらに上下運動を回転に変えて車輪を動かしている。簡単に言うとクルマが走る仕組みはこんな感じ。近未来カーとして期待されているEV(電気自動車)は、動力源がモーターだから当然エンジンはない。しかし、このEVを除けば、ほとんどのクルマは内燃機関で石油を燃やして走っているのだ。燃やしているから当然排気ガスが出る。エコカー減税と補助金の後押しで大人気のハイブリッドカーも、低燃費でその分排気ガスも少ないと言うだけで、内燃機関があることについてはふつうのクルマと変わらない。当然ガソリンや軽油と言った燃料がなければ、エンジン付きのクルマを走らせることはできない。

 

そんなクルマにとって欠くことのできない石油には、さまざまな心配事がある。石油は限りある地下資源で、特に日本はそのほとんどを輸入に頼っている。そのせいで貿易摩擦や国際的な紛争が起こっているとも聞く。また、石油を燃やすと発生する排気ガスは、人体に有害な大気汚染を引き起こすばかりでなく、温室効果ガス(CO2等)も多く含み地球温暖化の一因とされている。

そんなわけで、石油の代わるエネルギー源として注目されるようになったのがバイオ燃料。植物を原料とするから枯渇の心配は少なく、原料となる植物が育つ際には光合成でCO2を吸収するから温室効果ガスも軽減できる。世界の各国で研究され、そのうちのいくつかは普及しつつもある。エンジンの特性に合わせ、ガソリンの代わりにはアルコール系、軽油の代替としては植物油系の燃料が利用されており、南米ではアルコール系燃料向けにエンジンを改良したクルマがよく売れているというし、そんなアルコール系燃料を数%程度含むガソリンは、日本でも販売されている。

しかし、日本では軽油の代替であるBDF(バイオ・ディーゼル・フューエル)の方が一般的によく知られていて、普及活動も盛ん。BDFとは植物油、いわゆる天ぷら油などを原料にして、軽油に近い性質になるように抽出・精製してつくられたもの。つまり非石油の植物性擬似軽油ということになる。精製などのためには専用の設備(プラント)が必要で、原料の植物油も全量がBDFになることはなく、グリセリンなどの廃棄物が出る。しかし、使い古しの天ぷら油が比較的容易に再利用できるからこそ、日本でも取り入れるところが増えているのだと思う。

現在、企業やNPOなどで精製プラントをもつところは日本中にけっこうあって、軽油価格(税込)とほぼ同じか、やや安いくらいでBDFの販売を行っているようだ。したがって、自家用車やトラック、建設機器に加え、路線バス(東京・長野ほか)やゴミ収集車(京都ほか)にもBDFは使用されていて、「地球のやさしいエコ」をアピールしながら走っている。

ただし、食料である穀物等のバイオ燃料化には、穀物価格の高騰や食料不足の原因といった弊害も指摘されている。原料代と精製のコストが石油より安いという理由だけで推進されたのでは、石油と同水準まで価格が高騰することになってしまうし、燃料にすることで大量に消費されてしまい食料を奪うことにもなる。温室ガスの削減なんていう建前のために飢餓が起こったのでは、まさに本末転倒。だからこそ、今もなお廃棄物等を利用したバイオ燃料の実用化が懸命に試みられているのだろう。廃食用油を利用するBDFも、穀物を原料とするアルコール系代替燃料よりは、食料問題の火種にはなりにくいと思う。特に日本では捨てられてしまうことが多かった植物油だから、エコ活動の一環としても脚光を浴びているのだろう。

 

ところで、ぼくが乗っている天ぷら油カーの燃料も、やはりBDFと同様のバイオ燃料である。けれど、代替燃料として普及しているBDFではない。ぼくがマイカーに給油しているバイオ燃料は、植物油を精製した擬似軽油のBDFではなく、使い古した天ぷら油そのものなのだ。そんな燃料のことを、植物油をそのままストレートに入れるというわけで、SVO(ストレート・ベジタブル・オイル)と呼んでいる。もちろんBDFとの違いをハッキリさせるためである。それで、天ぷら油カーが主に使う燃料はBDFではなくSVO。もちろんBDFを燃料にしても機関的にはまったく問題はないのだけれど、そこはやっぱり有料のBDFと違い、使い古しの天ぷら油ならたいていタダでもらえるから。もちろんタダというだけでなくて、天ぷら油カーのオーナーにはゴミ(廃食用油)のリサイクルとかもったいないの精神とか、さまざまな思いや思惑がSVOにあったりもする。ただし、そんな思いも思惑も一般的にはまだまだあまり知られていないようだ。

「ああ、あれね。知っているよ、バイオなんとか、ね」

天ぷら油カーのことをよく知らない人だとこの手の勘違いはよくあって、同じバイオなんとかなのでBDFとSVOを混同してしまっているようなのだ。BDFに比べSVOはまだまだマイナーだから、こんな勘違いがあっても仕方ない。

 

天ぷら油カーは植物油であれば、ほぼどんな油でもOK。菜種、ひまわりの種、ゴマ、オリーブ…、ぼくもいろいろな植物油を燃料に使って走らせてみたけれど、どれでもエンジンはかかるしパワーの出方や走りのフィーリングも大差ない感じ、だった。

通常はエコのため、というよりタダでもらえるから使い古した油を使うけれど、もちろん買ったばかりの新品オイルでも走る。汚れやゴミ、油の変質がないから、かえって新品の方が具合いい。けれど、食料品である天ぷら油は叩き売りの特価でも、1リットル当たり百円ほどの軽油よりは断然高い。というわけで、燃料にするのは使用後のいらなくなった揚げ油、つまり廃植物油。それなのでWVO(ウォスト・ベジタブル・オイル?誤)と言ったりもする。よりエコを強く印象付けるには、こちらの方が都合いいのかもしれない。ちなみに、車検証にも「廃食用油」とWVOであることについて念を押すかのような記載がされている。

そんなわけで、よりエコ志向の強い天ぷら油カー・ユーザーはSVOではなくてWVOと、言い換えるようになっている、らしい(※)。

 

 

 

で、天ぷら油カーとは。

 

 文字どおり、天ぷら油で走るクルマのことを、ぼくは勝手にそう呼んでいる。この場合の天ぷら油とは、まさしく天ぷらに使う(使った)植物油のこと。天ぷら油を精製してつくったBDFではなく、天ぷら油そのままのSVO/WVOなのである。

 

「そんな油でクルマが走るの? エンジンは大丈夫なの?」

 などと疑いの目を向けられることも少なくないけれど、実際に四年以上もぼくの天ぷら油カーは、たいしたトラブルもなく立派に走り続けている。軽油の代替燃料として普及しつつあるBDFは、天ぷら油といってもあくまでも軽油の代用品。軽油に近い燃焼特性が精製等で引き出されているから、軽油と同じようにエンジンが動くのはあたりまえ。となれば、植物油そのままではやっぱりエンジンは動かないんじゃないか、そう考えても無理はないと思う。

しかしながら、ディーゼル車であれば植物油で動くこと自体、なにも不思議なことではない。大昔のディーゼルエンジンも、ピーナッツオイルなどの植物油で動かしていたという。だから、植物油をそのまま使ってクルマを走らせることに関しては、画期的なアイデアとか、目新しいテクノロジーというわけではない。しかがって、天ぷら油で走らせる仕組みもかなりローテク。先人の知恵に習うことでディーゼル車の可能性が広がった、そんな感じなのだ。

軽油と植物油はもともと燃焼特性が似ていて、点火プラグを用いてその火花で燃焼するガソリンとは異なる。天ぷら油が過熱して発火(天ぷら火災)することからもわかるとおり、点火プラグではなく圧縮熱によって引火し燃焼させるディーゼルエンジンであれば、天ぷら油でも燃焼させることが可能というわけ。ちなみにガソリンは火花によって引火しやすいから、静電気を防ぐためポリ容器等での携行が禁じられている(軽油、灯油、天ぷら油はポリでもOK)。

ただし、軽油より植物油の方がより高熱を必要とするため、ノーマルのままのエンジンでは、たいてい不調になって十分なパワーが得られない。だから、エンジンの特に燃料系統などを改良して、天ぷら油に順応できるように手を加える必要がある。そうすることでエンジンの機嫌がよくなって、軽油とほぼ同様の性能を生み出してくれる。

 ただし、ディーゼルエンジンならすべて天ぷら油カーでOKというわけにはいかない。もちろんNGもある。軽油使用を前提として開発及び製造されているエンジンだから、始動しないとかエンジンはかかっても十分なパワーが出ないとか、そういうこともよくあるのだ。特に最近のエンジンは、クリーンな排気など環境に配慮した緻密な構造になっている分、燃料に対しても相当シビア。コモンレールなど最新の燃料噴射方式は、特に軽油以外の燃料は一切受け付けてくれないことが多い。したがって、旧式のディーゼルエンジンであることが、天ぷら油カーにとっての前提条件だといえる。ことに燃料噴射方式は重要なので、仕様変更する場合はできるだけ実績のあるエンジンを選ぶようにしたい。

 

そんな天ぷら油カーのことを自動車メーカー側はどんな風にみているのか。やっぱり天ぷら油などは使わないでほしい、軽油だけにしてほしい、というのが本音だと思う。フォルクスワーゲン社のように、バイオ燃料の使用を認めたうえでパーツを製造しているメーカーもあるようだけれど、大部分の、少なくとも日本のメーカーはそのような対応はしていないはず。保証や整備など、メーカー側にもいろいろな事情があるから、燃料の変更を認めることができないのも当然。特に日本の自動車ユーザーは、細かいことにもうるさいと世界的に有名(それが品質向上に繋がっていると思うけれど)。だから、やっぱり使用燃料の変更に関してはかたくなにならざるをえない。製造時にはまったく想定していない燃料、植物油を使うなんてメーカー側にとっては心配の種でしかないのだと思う。

それでも、自動車メーカーが大声を張り上げて「厳禁!」と叫ばないのは、環境や省エネへの配慮が主目的というバイオ燃料に係る大義名分(?)のおかげなのかなと、ぼくはそうふんでいる。

 

 

本場はUSA。

 

今や「廃食用油、バイオディーゼル、SVO、WVO、エコ&エコカー…」と、天ぷら油カーに関連するキーワードをパソコンに叩き込めば、そんなクルマの情報などはいくらでも出てくる。天ぷら油カー・ユーザーが開設したホームページやブログばかりではなく、情報交換の場として活用されているメーリングリストもある。そこには、天ぷら油カーを乗りこなすための心得や具体的なトラブル&解決法、廃食用油のろ過にまつわる苦労話、その他ライフスタイルについてまで、かなりていねいに書き込まれていて、オーナーの人柄までも伝わってくる。なので、天ぷら油カーに興味を持ち本気で取り組もうとしている人は、インターネットを利用しての情報収集&情報交換をぜひおすすめしたい。

 

この日本でも天ぷら油カーに乗る人たちは、少しずつではあるけれど増え続けているようだ。けれど、その本場はやっぱりUSA。ヨーロッパでもけっこう盛んなようだが、やっぱりアメリカにはかなわない。とにかくネット検索でヒットする件数がものすごい。インターネットの情報ばかりでなく、天ぷら油カー関連のパーツ&グッズも大充実の品揃え。あるショッピングサイト、これはぼくもたびたびお世話になっているのだけど、そこでは天ぷら油カーの中古車もバンバン売りに出されている。それもほとんどがハンドメイドで自作した天ぷら油カーで、メルセデスベンツやシボレーなど車種もさまざま。思わず手が出てしまうような、そんな掘り出しクルマもけっこうある。ディーゼル車に取り付けるためのパーツも目白押しで、セルフビルダーが作ったと思われる一点モノもチラホラ。天ぷら油を溜めたり濾すのに使ったりする燃料タンクや電動ポンプ、遠心分離機のような濾過器まで、天ぷら油カーに関するものはほぼなんでも揃っている。しかも、バリエーションが豊富でリーズナブルなものも多い。

そんな感じでアメリカの天ぷら油カー事情は日本のかなり先を行っているわけだ。まあDIY&クルマいじりの好きなお国柄っていうのもあるんだろうけど。

 

そんなアメリカに続く天ぷら油カー先進国は、やっぱりドイツだと思う。ぼくはそのドイツ生まれのゴルフ・ディーゼルを、初代モデルからⅠ・Ⅱ・Ⅲと三台所有して乗っているけれど、その三台ともわりと簡単な仕様変更で天ぷら油カーになり、それからもずっと元気に走ってくれている。そんなゴルフの製造元であるフォルクスワーゲンは、エンジン等のパーツに軽油だけでなくバイオ燃料への適応も明示しているほど。それくらいドイツではSVOを含むバイオ燃料の使用が一般的なのだろう。そういえば、ぼくにとってはじめての天ぷら油カーであるゴルフⅠに組み込まれたオリジナルのSVOキットも、確かドイツ製のキットを参考にして組み上げられたものだったはず。

そんなアメリカやドイツに比べ、専用パーツの供給という点においてかなり日本は遅れている。ぼく自身、パーツの自作などを幾度となく考えたことがあるけれど、今のところは「海外から輸入しちゃった方が安くて確実で早い」といった感じ。そういうわけで、日本車にピッタリで、ポンッと取り付けできる天ぷら油用キットが、今のところはほとんどない、それも事実。また、日本国内の規制により旧式のディーゼル車を海外から輸入することも非常に困難。国内の中古ディーゼル車も大都市で規制されたこともあって、大部分が海外への輸出か解体処分ということで、姿を消してしまった。日本で天ぷら油カー・ユーザーがなかなか増えないのは、程度のいい中古ディーゼル車をみつけるのが、困難になってしまったせいもあるのかもしれない。

ぼくが四台ものディーゼル車を持つことになったのも、解体や輸出されそうなディーゼル車を手元にストックしておきたい、それだけの理由に過ぎない。2009年に実施されたエコカー購入時もらえる補助金のせいで、さらに古いクルマの処分が進んでしまっているから、今後さらに天ぷら油カー向きのディーゼル車はみつけにくくなるはず。とはいえ、これから天ぷら油カーのために旧式のエンジンを積んだディーゼル車を発売、することなんかないだろうし。そう考えると悲観的なものだなあ、天ぷら油カーの未来ってヤツは。

 

 

改造と仕様変更。

 

 燃料を天ぷら油に代えて、それで軽油に見劣りしないくらいの走行性能を引き出すには、パーツの交換や追加といった仕様変更が必要になる。ノーマルのエンジンのままでは、始動しにくいし仮に動き出してもアイドリングでバタついたり、アクセルワークに反応できず加速が鈍るなど、ほとんどのディーゼル車でそんな不具合が起りやすい。植物油の燃焼特性は軽油と似ているけれど、似ているというだけでまったく同じわけではないから、エンジンの特に燃料系などを調整してやらないと本来の性能が損なわれてしまうのだ。だからこそ、ディーゼル車を天ぷら油カーにするためには、燃料フィルターを交換するなどの仕様変更が欠かせないというわけ。

 

天ぷら油カーに仕様変更したトヨタ・クラウンバンで、車検を受けたときのこと。点検整備をしっかりやって、記録簿もつけて、それで挑んだユーザー車検。ブレーキや排気ガス、ヘッドライトの光軸、下回りのチェックなど一通りの検査を終え、

「はーい、けっこうです」

それで検査ラインから出ようとしたとき、再び検査員に呼び止められてしまった。

「このクルマって、改造申請どうなってんの?」

確かに、ノーマルとはいえない。それはぼく自身もそう思う。エンジンルーム内には見慣れないパーツやホースが取り付けてあるし。しかも、燃料はメーカー指定した使用燃料の軽油ではなく、天ぷら油を入れそれで走っている。しかし、それでもノーマル扱いということになっている、日本の車検制度においては。

その検査員はやたらと分厚い車検の手引き、もしくは法令集と思われるものを持ってきて、パラパラとめくっていたが、結局はあきらめたようだった。

 

 クルマをいじってパーツを新たに取り付けたりすると、つい「改造」と言ってみたくなるけれど、車検というこの国の制度においてそれはご法度。クルマの改造については事細かに規定されていて、規定外のクルマいじりには不法改造が疑われる。それで、改造じゃないということになれば仕様変更、そういうことになるらしい。その「シヨウヘンコウ」では、それらしくないしあまり気合も入らないが、そういうことなのでわかってほしい。

 燃料フィルターを交換したり、新たに熱交換器を取り付けたり、天ぷら油で走ることができるように、クルマをいじる仕様変更については、今のところはまだ具体的な規制はないようだ。というか、規制などあまり気にせず、クルマをいじって天ぷら油で走らせている、というのが今のところの実情なのかもしれない。つまり、天ぷら油カーについてはまだ規制や制限が明確化されていないこともあって、そのための仕様変更については、改造申請を要せずにできる場合がほとんど、といった感じ。しかし、そのことに甘んじてはいけない。安易な仕様変更のためにトラブルが起こり、それが事故に繋がったりすることがないように、規制の有無にかかわらす手抜かりなく万全を尽くしたい。車両火災や立ち往生による事故などのトラブルが多発すれば、必ず規制されるだろうし、その結果、日本のクルマ社会から天ぷら油カーがはみ出すことになってしまう。

 安全に走るクルマであること、これは天ぷら油カーにとっても大原則なのだ。だからこそ、仕様変更でノーマル

 

 

走りは上々。

 

「天ぷら油使って大丈夫なの?」

大丈夫だから乗っているのに、それでもこんな質問をしてくる人は多い。いや、これはもう質問というより愚問に近いと思う。

「大丈夫というか、問題ないですよ。今のところは」

 だいたい「大丈夫?」というクエスチョンは、ぜんぜん大丈夫でない人や物へ問い掛けるものだ。どうせなら、せめて

「天ぷら油カーの調子ってどうなの?」

と聞いてほしい。

 とにかく、まるっきり大丈夫な天ぷら油カーの調子は、実際のところどうなのかというと、これはまあドライバーの主観によるから断言はできないけれど、天ぷら油でも走りはいつもの通りで、ほとんど軽油と変わらない。

 

「トルク感がアップして、より力強くなった」

「走りに粘りを感じる」

 乗る人によっては、そんなインプレッションを述べたりもするけれど、まあそれも自慢のマイ・天ぷら油カーに対するひいきめとみた方がいいだろう。「走りが粘る」というのは、ベタベタする天ぷら油からイメージがそれを感じさせた、それだけのことに違いない。だいたい人の感覚なんて当てにならないものだし。

事実、天ぷら油は軽油より、数%ほど燃焼時に発生するエネルギー(熱量)が小さい。その理屈によればその数%分ぐらいはパワーダウンするはず、そんな感じがする。しかし、その数%分のパワーダウンを実感することができるかといえば、ぼくの経験ではほとんど感じられなかった。

「天ぷら油で走っているなんて、まったくわからないなあ」

 はじめて天ぷら油カーに乗ったときも、本当にそんなことを思ったくらい。

 

 現在、ぼくはフォルクスワーゲンのゴルフⅠ・Ⅱ・Ⅲとトヨタのクラウンバンという四台の天ぷら油カーを所有して、乗ったり貸し出してみたりしている。けれど、燃料を軽油から天ぷら油に替えたからといって、それが原因で不具合を起こしたり、本来の走りが衰えたりしたことはない。壊れるのはいつも足回りとか、エアコンやパワーウィンドウのような電気系統とかで、エンジン自体はほぼノントラブル。それで、上り坂も高速道路でも、スイスイと走っていく。スイスイ走りすぎて、制限速度オーバーで捕まってしまったことだって。

もちろんクルマ(ディーゼルエンジン)と天ぷら油との相性次第なのだけど、相性のいいエンジンでありさえすれば、植物油と軽油はほとんど変わりない。本当に天ぷら油なのかと、燃料のことを疑ってしまうくらい、ストレスなく走ってくれる。運転しているこのぼくにしても、普段は燃料のことなどほとんど頭になくふつうのクルマのように乗っている。それで、クルマの排気から漂うにおいで天ぷら油のことに気づいたりする。

まあ、それでも「大丈夫?」と思う人は、一度乗ってみるしかないなあ、やっぱり。

 

 

天ぷら油がないときは?

 

 天ぷら油カーに乗るようになって、ぼくはガソリンスタンドのありがたみがよく分かるようになった。燃料が少なくなれば、道端にあるスタンドを探して、そこにクルマを乗り入れるだけ。それで燃料を補充できる。最近はセルフ方式のガスリンスタンドも増えているから、お気軽さはさらにアップ。「満タン!」なんて格好つける必要もなく、ふところ具合と相談しながらチビチビと気軽に給油。ぼくもよく千円分だけ給油したりするし。

 

 それに対して天ぷら油の場合は、燃料の管理からクルマへの給油まですべて自分自身でやらなければならない。実際に経験してみると、これがかなりしんどくて面倒くさい。天ぷら油カー・ユーザーにとっていちばん高いハードルは、燃料である天ぷら油の確保と取り扱いなのだ。

運んだり詰め替えしたりろ過したり、とやることがたくさんあるうえに、走るたびに消費するから相当な量の天ぷら油をクルマに注ぎ込まなければならない。給油ですら肉体的にかなりこたえる。重い容器を持ち上げて、ベタベタの油がクルマに入っていくのをただただジッと待つ。サラサラの軽油と違ってなかなか入っていかないから腕がプルプルになる。けれど、それでもジッと耐えるしかない。乗用車なら満タンでだいたい40~50リットルほど。それを自力で注入するなんて、ふつうなら考えられないことだけれど、天ぷら油カーに乗っている人はみんなそれをやっている。そんなたいへんな作業があってこそ、天ぷら油カーを走らせることができる。ガソリンスタンドでしか給油したことがない人にとっては、想像しがたい苦労だ。

 

 そんなクルマのために天ぷら油まみれになってがんばっている人たちの中には、「軽油は絶対使わない!」と固く心に決めて、一年中油集めに奔走している人もいる。もちろんぼくのことではない。物事あきらめがカンジン、とすぐに居直るぼくには、とうてい真似できないことだ。油をもらいに行くのを忘れたり、面倒くさくなってろ過をさぼったり、その程度の理由でぼくの天ぷら油カーは、たびたび燃料不足に陥ってしまう。で、そんなときはどうするのか、天ぷら油が底をついたときは。

 

仕様変更で天ぷら油カーになると、天ぷら油しか使えないと考えやすいが、それはまったくの誤解。本来の燃料である軽油も変わりなく使える。つまり、植物油と軽油の2WAYというわけだ。なので、燃料切れの際には躊躇なくガソリンスタンドへ行く。まあ、できるだけ天ぷら油で走りたいと、それくらいは心掛けているので、軽油で満タンにすることはほとんどない。だから、千円分だけ入れるなんてことが多くなるのだけれど。

 

 ただし、天ぷら油カー軽油を入れる際には、少しばかり気をつけなければならないことがある。軽油に課されている軽油取引税(都道府県に納める燃料税)は天ぷら油等のバイオ燃料には非課税だから、双方を混ぜて使うと税法の都合上、ややこしいことになる(詳しくはP○)。なので、天ぷら油と軽油はできるだけ混ざらないように…、いやいや申告もせずに非課税のままだと絶対混ぜちゃダメなので、それだけは肝に銘じておくように。